日常ノート

地元人が教える韓国「釜山」の観光スポット「キジャン市場」と「南浦ドン」がオススメ!

こんにちは、韓国釜山生まれのユンママです!

今年もあっという間に10月の半ばに入りました!

今年も残りあまりなところで、年末年始の計画は立てられていますか?

まだ決められていないのであれば、

小資金で手軽に行ける韓国の釜山のオススメ観光スポットをご紹介したいと思います!

 

私は生まれ育ちが釜山で今でも年に4回は地元に帰っているのですが、

頻繁に釜山に行っていると流行りものやコスメ、食べ物の人気のお店などが

その都度、肌で感じることができます。

そして今回は、

地元人から愛あれているご飯屋さんと釜山定番の観光地南浦ドンについてまとめてみました!

これから釜山に行こうとする方、または行ってみたい方

是非ご参考にしていただければ嬉しいです!



 

お手軽に行ける!釜山のグルメ旅

一度は聞いたことがある方もいるかもしれませんが、

韓国の第2の都市である釜山

関西国際空港から約1時間で行ける日本ととっても近い都市。

釜山を代表する空港の金海国際空港から街中まで車で30分程。

空港バスを利用すれば700円くらいで南浦ドン近辺まで行けますが、

タクシーなら2000円ぐらいでホテルの前まで行ってくれるので便利ですよね。

それでは本格的にホテルでチェクインが終わったら街をぶらぶらしてみましょう!

太刀魚専門店「モンナンイ」

釜山で魚料理が食べられる所と言えば、チャガルチ市場の刺身センターが有名ですが、

ここは有名すぎて知っている方も多いので、

今回は釜山がらちょっと外れにある「キジャン市場」をご紹介したいと思います!

釜山は昔から港町としてお魚や海産類がたくさん採れてることから、お魚料理が発達してきました。

中でも太刀魚料理は日本ではあまり食べられていないのに比べ、

身が太くふわふわな食感が格別です!

この前の里帰りの時に母に連れて行ってもらましたが、久々に食べるお魚の甘みに感動してしまいました!

それがこちら、焼き太刀魚!

2人前でこの量すごいですよね!一切れでも十分ですが、お魚でお腹がいっぱいになるって本当に贅沢だと思いました。でも韓国、釜山ではこれが普通です(笑)

太刀魚専門店「モンナンイ」のメニュー表

食べるに急いでて(汗)セットでついてくるおかず類は写真が撮れませんでしたが、

1人前29000ウオン(約3000円)で高級お魚とヘルシーな野菜やキムチ、チゲ味噌鍋がテープルいっぱい! しかも、一人当たり1人前を必ず頼むわけではないので、

4人で2人前で十分です。

「キジャン市場」の特産物

お腹がいっぱいになったところで市場をぶらぶらして見ると、

たらば蟹や昆布、ワカメ、イワシのような海で取れる特産物がたくさん並んでいます!

冬場は蟹も身が詰まって美味しいですね!

ただ、タラバ蟹自体はロシア産ですが、料理の仕方が釜山特有でシメの蟹味噌チャーハンはもう一つ楽しみです。

蟹も4人ぐらいで2〜3万円あれば本当にたくさん食べれますね。

丸ごと蒸してそのまま出てきたりするので最初はびっくりするかもです(笑)

もし夕食に行く方がいたら、韓国の蟹料理と焼酎で一杯して見るのもオススメです!

良質なたらば蟹は「キジャン市場」のとこでも食べられます。
新鮮な昆布、ワカメがたくさん!

何でも揃っている!南浦ドンで釜山を満喫!

旅行と言えばお買い物も外せませんよね!

釜山は特に韓国の中でも物価が安くて良質なものがたくさんあります。

女性の方ならコスメや靴、お洋服など、

男性の方なら革ものとか、お子様がいるママ達には子供服も可愛くて安いものが沢山あって人気ですね(^^♪

それではどこに行けば上手にお買い物ができるのでしょうか?

南浦洞(ナンポドン)

釜山を代表する繁華街で釜山のシンボルと言える釜山タワーや毎年開かれる釜山国際映画祭の中心地として地元の住民にも観光客にも喜ばれる定番スポット

食べ物やファッションはもちろん、国際市場は、昔ながらの情緒が残っているところが多く、裏に行けばレトロな街並みも楽しめます。

光復路
光復路の交差点
光復路のカフェ

町の所どころには写真映えにも良い広々としたオシャレなカフェも多いですが、

平日の昼なら店内で流れるおしゃれな音楽を聴きながら、のんびりとした時間を過ごせます。

光復路と呼ばれる道路沿いには韓国の最新のトレンドが丸わかりの洋服屋さん、靴屋さんが並んでありますが、ほとんどが韓国製で安くて丈夫な品質を誇ります。

私も年に4回釜山に帰る時は、必ず靴は3足ぐらいは買い詰めてくるほど

可愛いデザインのものがたくさんで、しかも日本でちゃんとした靴一足の値段で買えちゃうので、本当に嬉しいですね!

釜山は昔から革製品の製造が盛んでおり、靴やカバンが有名な街として知られています。

日本の神戸みたいな感じですね!

定番おやつで「食べ歩き」を楽しもう

買い物でそろそろお腹が空いてきたら、旅行先だから出来る食べ歩きも楽しみですね!

広場に並ぶ屋台には釜山の人には定番おやつである、

甘辛い「トッポッキ」やイワシの出汁がきいた「おでん」、言うまでもない「チジミ」

ビーなんつと黒砂糖の甘みが絶品な「ホトック」などが並んでおり、

週末になると地元の人も家族連れで並んで食べるぐらいとっても人気

考えるだげでも美味しそうで、すぐにでも釜山に飛んでいきたい気持ちになります(笑)

私個人的には豚の腸を芋でんぷんで作られた麺を詰め込んだ「スンデ」甘辛いソースで食べるのが好きですが、

見た目がちょっとグロいので喰わず嫌いな人が多いです(笑)普段、肝とか好きな方は気にいるかもしれません(^_^)

 



釜山で泊まるならここ!おすすめホテル

クラウン ハーバー ホテル 釜山

https://www.pusannavi.com/hotel/863/

中央洞に位置するクラウンハーバーホテルは、地下鉄やバス停とのアクセスがよく

ホテルの2階にはマッサージや、飲み屋も入店しており、ホテル内で楽しめることもできます。

釜山の遊びスポット南浦ドン(ナンぽドン)と西面(ソミョン)の間に位置しており、

南浦ドンまでは歩きで15分ほど、西面(ソミョン)までは、タクシーを利用すれば、1000円ぐらいで移動することができます。

ホテルの部屋は以前私は、ツインで泊まったことがありますが、

広々として、綺麗な高級ホテルと変わらないクオリティと感じました。

山が位置しており、朝日とその眺めは非常に気持ちが良かったです。

最近かなり人気が出て、予約が取りにくいともも言われますが、

旅行計画の際に、余裕を持って2ヶ月前から計画していけば問題なさそうです(^^)

タワーヒルホテル (旧タワーホテル、釜山)

https://www.pusannavi.com/hotel/230/



南浦ドンを中心に観光するなら絶対ここ!と言えるぐらい

タワーヒルホテルは位置条件が良いビジネスホテルとして選ばれますね。

買い物で荷物が増えてきたり、夕食までの時間にちょっとゆっくりしたいという時に、

ホテルに戻って休憩できるのも良いところです。

実際に日本からの友達が来たら、よくタワーヒルに泊まっていますが、

みんなが近くで便利すぎると言っていました(笑)

宿泊料もシングル部屋が7000円ぐらいでお手頃だと思います。

コンビニもすぐ向かい側にありますのでちょっとおやつが欲しい時には嬉しいですよね。

「年末年始」どこ行く?地元人が教える韓国「釜山」の観光スポット「キジャン市場」と「南浦ドン」がオススメ!

いかがでしたか?

この記事だけでは釜山の魅力を全部お話しすることは難しいですが、

気になるかたがいれば、ぜひ一度は訪ねて行って見ることをオススメします!

最近の韓日関係がよろしくないことで心配する方もいるかもしれませんが、

釜山の人は昔から日本と交流が多くて、日本人に優しい感じですので

そんなに心配する必要はないと思いますね。

もっとお互いの往来が増えて、たくさん交流して

それぞれの街や人の良さがわかるようになれたらいいなと思います。

これからどんどん寒くなる季節ですが、

皆さんそれぞれ大切な家族や友人とたくさん会い、美味しいものもいっぱい食べながら

心温かい新年を迎えることを願います。

ABOUT ME
ゆんゆん
日本在主10年。韓国語講師。英語・韓国語・日本語・スペイン語で育児中。マルチリンガル3歳の息子ちゃんと日常を楽しんでいる。海外ドラマ好き。休日はNetflixを観ながらおうち飲みが好き。 チャイルドコーチングアドバイザー。チャイルド総合心理カウンセラー。 現在とは、過去の自分が選択を重ねてきた結果。 我が子の人生においても、将来『最良の選択』ができるように良質な選択肢を用意してあげることが子供への最高のプレゼントです。 子供が親を必要とする時期に積極的に関心を持ってたくさん愛を送ることが我が子の未来の土台となります。 世の中のすべての親子が今日も笑顔で過ごせることを願って、 今日も、Have a good day !!